FC2ブログ

盗賊のすぐる

本当はHBO日記、今は愚痴日記。まぁ自己満ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

S(シジミが)T(トゥルルって)G(頑張ってんだよ!?)

石狩に来て、おいしそうな蟹あったとしても、食べれない、がまんしなくちゃ受けない時だってあるんだよ!


こんにちは、すぐるです。前記事放置で投稿です。

長いです。余裕で30行行きます。しんどいです。


最近遊戯王の話が多いのはきっと私がゲームにうえているからだと思います。
仕方ないね^p^


話を変えて

かなり急な話ですが、生と死についてなんか適当に書いていきたいと思います。

まず、生と云う名のはなんでしょうね?

生きると云うのを辞書で調べると
生きる(いきる)は、人や動物が、生命を保ち活動できる状態にあること

だそうです。

ならば、生命を保ち活動できる状態でいる理由は何なのでしょう?

別に哲学しようとしてるわけでもなく、ただ単に日ごろから思ってる疑問です。

最近の世界を見ると(まぁそんな事言えるぐらい長い気はしていませんが、)生きる事についてあまりとらわれていない気がします。命を大切に、の言葉の裏腹には最近、命を粗末にしていると云う所があるから出ないでしょうか?

正直言って私は命を粗末にする、と云う言葉があまり好きでないです。それと同時に命を大切に、と云う言葉もあまり好きではありません…というより昔からあまりピンッと来ない所があります、引っ掛かる所があると云うか・・・ねぇ。

今の動物は植物と云う生物を喰らって生きています。つまり。動物の命が存在する限り、植物の命を大切にする、と云うのは不可能に近いわけです。まして、雑食の人間がそんな事思う事自体訳が分からない事だと思ったりもします。
もし、植物と云う命を大切にするため、動物が植物を喰らわなかったら、次は動物と云う命が消えます。

つまりは最初から動物の命は他の命を犠牲にする以外に大切にする事が出来ないわけです。

一回、生について考えてる人にこの質問を投げかけてみたいですね。


とあるひ、日本橋にて、野良戦をしました。

先攻後攻はじゃんけん
1戦目 先攻 私(ドラグニティ) 後攻相手(デェアル植物)
初手が殆どトラップで焦った。ファランクスを落とせてもなかなか竜の渓谷も手札に咥えられず苦戦。
壁にしていた死霊とトラップの多さでターンを稼ぎ、最後はトラップで穴をあかせた相手にトライデントドラギオンを3回入れて勝利


2戦目 先攻 私 (代行儀式天使) 後攻 相手 (歯車ガジェ)
2ターン目にパーテクをだし、その後マスヒュペを並べることに成功(クリスティアは警告撃たれた)
マスさんで殴って勝利。


3戦目 私 (インフェルニティ) 後攻 相手 (メタビート)
初手があまりにも悪かった。ネクロ×2、デーモン×2で落とす手段なくスタート。
主にセットでモンスターを落とすことに、
途中相手はライオウ出してきたり。スキルドレインを利用した高火力でビートを仕掛けてきた。
(正直負けると思ったw)
こちらはインフェルニティブレイクを出せるよう強引に手札を調節→ブレイクでライコウ、スキドレを
割る事が出来、相手の火力もくず鉄でしのげた。

最後はダークバーストでネクロマンサーを回収し、結果だけ言うとワンハンドレットアイが二体並び、一体はヘル・ツイン・コップの効果を使い、一気に6200のダメージ、逆転勝利。


最後は何故かAKBについて聞かれました、関スー君が近くにいてよかったです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する(人とかいるの?
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
気が付けば高校二年。将来が決まる2年後、私は笑っていられるのだろうか?